実は自分でも対応可能!?ドアノブ交換について学ぶ

実は自分でも対応可能!?ドアノブ交換について学ぶ

ドアノブ

ドアノブ修理のポイント

修理・交換ではドアノブ自体は問題がなく、取り付け部分に不具合がある場合があります。そういった時はビス止め部分の穴が大きくなっているので、埋め木をするなどして再度取り付けることもできます。また鍵穴が回りづらい時にオイルを使用する方がいますが、オイルが固まり悪化する原因となります。対応として鉛筆の芯を削って入れると良いでしょう。

ドア

DIYでも対応可能

玄関ではなく、室内のドアノブ交換作業は実はDIYでも対応可能です。しかしドアノブ選びが、素人だととても難しくなります。現在使っている物と同じものが入手できれば問題ありませんが、種類の違うものを付けようとしたら、合わない事も多いため、自身がない人は始めから業者に依頼するようにしましょう。

DIYか依頼するか!メリットを比較

自分で交換

市販品を購入してDIYで交換する場合、費用を大きく抑える事ができます。ただし気に入ったデザインだからとドアノブを選ぶと、作業時に取り付けられない事も多いので注意しましょう。

業者に依頼

業者に依頼することで、確実にドアノブ交換を行うことができます。特に玄関の扉などは、調整が必要となるため必ず業者に依頼するようにしましょう。

広告募集中