破損や劣化による「もしも」を防ぐ【ドアノブ交換について知る】

ドアノブの破損

硬くなっている時に無理やり開けようとしたり、子供がふざけてぶら下がった時など、過度な負荷かかかるとドアノブは破損してしまします。破損した場合は業者に連絡し、交換修理を依頼しましょう。

ドアノブ交換修理の流れ

  • 問い合わせ
  • 訪問調査
  • 見積もり
  • 検討
  • 作業開始
  • 支払い

破損や劣化による「もしも」を防ぐ【ドアノブ交換について知る】

作業員

閉じ込められないため

ドアノブ交換・修理が必要となるのは、破損による閉じ込めを防ぐためです。部品が複数破損してしまうと、ドアノブは回らなくなるため、ドアを開くことができなくなります。回す時に違和感があったり、がたつき始めたのであれば、早めの修理・交換が必要となります。

玄関

水分による劣化

金属製のドアノブであれば、水分によってサビていきます。お風呂場であれば、湿気やお湯などがサビ、劣化の原因となり破損につながります。普段触れる部分よりも、見えにくい、触れない内部から錆びやすく、破損した際にサビに気づく方も少なくありません。

男性

摩耗による破損

長年使用するドアノブは、内部の部品が摩耗していきます。ラッチと呼ばれる、ドアを枠に固定する部品と噛み合わなくなれば、ドアが開閉できなくなります。またラッチのボルトが摩耗した場合、ドアノブが動かないこともあります。そういった場合にもドアノブ交換の必要があるのです。

広告募集中